茨城県

茨城県南部

 北部はこちらから

富岡家住宅 大聖寺山門 善光寺楼門 西光院本堂
土浦市白鳥町602 土浦市永国  石岡市太田940-1 石岡市吉生2734
竣工/元禄末期頃 竣工/貞享期(1884-88) 竣工/室町中期 竣工/寛政3年(1791)
★県指定文化財 ★市指定文化財 ★国指定重要文化財 ★県指定文化財
藩主が領地見回りの時に休息に利用した庄屋屋敷。大きな茅葺の唐門風玄関屋根が魅力的な農家建築。間取りはひろま・田の字系の間取りでしたが、後世の増改築により平面規模が大きく複雑になり、屋根も大きくなった。


中世は歴代小田氏が庇護した為、寺領7千貫、僧兵300名を擁するなど寺運は隆盛した。小田氏の没落により庇護者を失い大聖寺も衰微したが土浦藩から篤い庇護を受け、、貞享2年(1685)に火災があった後には土浦城主松平信興が山門を寄進した。

現在は平屋の三間一戸門だが、二階建の楼門として計画されたと思われる。見えない小屋組の中に二階の部分が残されている。何らかの理由で完成できなかったのだろう。従って「楼門」の名称で重文指定を受けている。寄棟造茅葺屋根。本堂は廃屋状態。

峰寺山西光院は寺伝によると平安時代初頭、徳一法師の開基とされている。徳一法師は福島県などで30余の寺院を建立した名僧。本堂は総高22mの寄棟造で、崖の上に柱を組み上げた、懸造という県内では珍しい建造物で、自然石の上に直径1m程の丸石が乗ったものが本尊で、馬頭観音として深く信仰されている。

 

椎名家旧宅 筑波山神社摂社日枝春日神社本殿 筑波山神社摂社・厳島神社 筑波山神社・神橋
水戸市八幡町8-54 つくば市筑波1 つくば市筑波1 つくば市筑波1
竣工/慶長3年(1598年) 竣工/寛永10年(1633) 竣工/寛永10年(1633) 竣工/寛永10年(1633)
★国指定重要文化財 ★県指定文化財 ★国県指定文化財 ★県指定文化財
椎名家は代々茂右衛門を襲名し江戸時代は加茂村の村役を勤めた上層農家。主屋は桁行15.3m、梁間9.6m、直屋、寄棟造、茅葺。中は西側に土間、東側に部屋を配置する広間型民家の典型例である。格子戸の丸竹や蛤刃手斧、槍鉋など当時の大工道具で仕上げられ、土間の独立柱や開口部の閉鎖性など古式が見られる。 平安時代に奈良から来た僧・徳一が来住し、筑波山の中腹に中禅寺を開創した。春日神社本殿及び日枝神社本殿は、両方ともの三間社流造で、向拝中央の蟇股は、春日神社が鹿の彫物、日枝神社が猿の彫物で表している。その他、構造形式は全く同一で、太い木割、向拝柱の大面取、寛永期の代表的建築である。 江戸時代になって、中禅寺は江戸城の鬼門を守る祈願所として定められ、寛永10年に全山の堂舎が将軍家により再建・造営された。厳島神社本殿は方一間、妻入正面に向拝を設けた、いわゆる春日造。向拝蟇股に蛇の彫物があり、同じ境内社の春日神社・日枝神社と同様に、神使をもって神名を表現している。 桁行4間・梁間1間・切妻造・柿葺・妻入りの反橋(そりばし)で、筑波山神社の神事である御座替祭の時、神輿と随従の人々がこれを渡れる。両妻の太瓶束の左右に妻面を覆いつくすようにのびる唐草の笈形や虹梁上の板蟇股に、安土桃山時代の豪壮な遺風が見られる。

 

観音寺仁王門 来迎院多宝塔 逢善寺仁王門 竜禅寺三仏堂
牛久市久野1249 龍ケ崎市馴馬町2362 稲敷市小野 久慈郡大子町大字上郷1056
竣工/宝永4年(1707) 竣工/弘治2年(1556) 竣工/文明年間(1469~87) 竣工/永禄12年(1569/室町後期)
★県指定文化財 ★国指定重要文化財 ★県指定文化財 ★国指定重要文化財
本堂は本尊として十一面観音菩薩坐像を安置する観音堂で、方五間。宝永の修理のおり、本堂の外側の柱をすべて新材に取り替えた。仁王門は、前身本堂の部材を使い建立された。寄棟造の八脚門で、土台上に円柱を立て、組物は二手先亜麻組、軒は一軒、大疎垂木で、両脇には、床を張って仁王像を安置している。 建物は三間多宝塔、屋根はこけら葺。多宝塔の宝珠の銘文に「希代廟塔修繕之為檀越」とあることが確認され、弘治2年(1556)に土岐治英が祖先の霊を祭る塔を修繕するために施主を務めたことがわかる。建立年代はさらにさかのぼるものと思われる。この地方では少ない多宝塔で、よく室町の特色を示している。 山門は江戸城主・太田道灌が日枝神社(東京都千代田区)の山門として建立したものといわれる三間一戸の八脚門。明治初頭の神仏分離令により日枝神社の仏教色が排除され、運慶作と伝わる金剛力士像(応永9年作)と共に明治2年に当寺に移された。また本堂(天保13年)、茅葺の庫裏と書院(文久2年)も県指定。 桁行3間、梁間3間左右と背面に裳階が付いている。三方に裳階が付く形式の建物は、他に類例がない。、寄棟造、茅葺屋根。禅宗様に和様をくわえる。天台宗に属し、内陣には禅宗様の須弥壇が置かれ、三仏堂の名称の由来ともなった釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒菩薩の三仏を安置する。

 

旧坂野家住宅 旧坂野家住宅 国王神社 国王神社
常総市大生郷町203 常総市大生郷町203 坂東市岩井951 坂東市岩井951
竣工/江戸中期 竣工/江戸中期 竣工/天和3年(1683/江戸前期) 竣工/天和3年(1683/江戸前期)
★国指定重要文化財 ★国指定重要文化財 ★町指定文化財 ★県指定文化財
豪農であった坂野家は幕府役人の逗留などもあったことから農家でありながら薬医門や式台玄関がある。約1haの敷地には主屋、書院(月波楼)、文庫蔵など多くの建物が残されている。敷地は博物館になり、整備された。 主屋は江戸中期竣工、木造平屋、寄棟造、茅葺屋根。伝統的な農家型民家。武士接客のための格式ある座敷を設けている。書院(月波楼)は大正9年(1920)の竣工で文人墨客が集うサロンとして建てられた近代数奇屋建築である。 将門最後の合戦の時、三女は奥州恵日寺に逃れ出家して如蔵尼と称した。将門の死後33年目に奥州で隠遁生活を送っていたが郷里に戻り、この地に庵を結び、父将門の像を刻み、小祠を建てて安置し将門大明神と号して祀られた。 社殿は本殿、幣殿、拝殿が一体となる権現造り。本殿は一間流造。拝殿の竣工は文化14年(1817/江戸後期)で桁行4間、梁間2間、入母屋造、茅葺屋根。

 

大宝八幡神社本殿 楽法寺(雨引観音)本堂 楽法寺(雨引観音)仁王門 楽法寺(雨引観音)多宝塔
下妻市大宝667 桜川市本木1 桜川市本木1 桜川市本木1
竣工/天正5年(1577/安土桃山) 竣工/宝永7年(1710) 竣工/1704-11(宝永期)  竣工/嘉永6年(1853)
★国指定重要文化財 ★県指定文化財 ★県指定文化財 ★県指定文化財
本殿は、下妻城主多賀谷下総守尊経が建立したことが、本殿回廊の高欄擬宝珠によって判る。三間社流造。建上がりも高く、柱も太く、重みを見せるが、比べて組物は小柄で、桃山時代初期の地方的建築のありさまを示す貴重な遺構で、派手な装飾は見られず落着いた、雰囲気を見せている。拝殿は明治初期の竣工。 真言宗豊山派に属し、坂東三十三か所巡礼の二十四番札所になっています。桁行・梁間ともに方5間で、前面の梁間2間を外陣、奥の3間を内陣とする密教本堂特有の形態をとっている。外回りは龍の尾垂木で彫物は無関円鉄の作である。大工棟梁は桜井瀬左衛門、翌年に円鉄と共に成田山三重塔を立ち上げている。
上層に縁を張り出し高欄を廻らした楼門。柱はすべて丸柱で柱脚部を丸める「ちまき」が見られ足下に礎盤を置く。出入口の鏡天井には龍と天女の絵がある華麗な門である。本堂と細部様式は同じ工匠で大工棟梁は桜井瀬左衛門、また、建立時期も本堂と同じ頃と思われる。
1254年(建長6)鎌倉将軍宗尊親王の御願により建立された三重塔に始まる。天和3年(1683)14世堯長がに三重塔を再建しようとしたが病に倒れて未完のままになった。現在の多宝塔は棟札により嘉永6年(1853)に三重塔改め多宝塔としたという。工匠は大曽根村の柴山播磨正源始治である。

 

真壁・町並み 真壁・町並み 小山寺三重塔 月山寺本堂
桜川市真壁 桜川市真壁 桜川市富谷2190 桜川市西小塙1677 
竣工/ 竣工/ 竣工/寛正6年(1465/室町中期) 竣工/延宝8年(1680)
★国伝統的建造物群保存地区 ★国伝統的建造物群保存地区 ★国指定重要文化財 ★市指定文化財 
真壁の町割りは、戦国時代末期の真壁氏時代に形づくられ、江戸時代初期の浅野長政の時代に完成したといわれる。その時代からほとんど変わらない町割りの中に、蔵や門などの歴史的建造物が息づいている。真壁は江戸時代から明治・大正にかけて、この地方の文化・産業の中心地として栄えた。 明治、大正、昭和と隆盛を誇った商家の人たちが次々と蔵や門などを建てた。市街地には、300余棟の見世蔵・土蔵・門などがある。筑波線が廃線になり、しばらく寂れていたが毎年ひな祭りの時期には店々にお雛様が飾られ、賑わうようになった。真壁地区が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。 多賀谷朝経が施主となって大工・宗阿弥家吉親子によって建立された。ほぼ和様で細部に禅宗様が見られる。関東以北で室町時代に遡る塔は、他に益子町の西明寺三重塔だけである。本堂、仁王門、鐘楼も県指定。


寺伝によれば延暦15年、徳一によってに創建されたという。徳川秀忠より朱印地60石を賜り、元和2年、恵賢の時に現在の地に移転した。寛永3年火災で焼失するが、笠間藩主浅野長重の援助により復興された。宝永2年には黄檗宗の了翁道覚により経蔵と鉄眼版一切経が寄進されている。書院は県指定

 

結城・奥順 鈴木俊平商店 旧中山家住宅 旧飛田家住宅
結城市結城 結城市結城 古河市大字鴻巣1045 古河市大字鴻巣1045 
竣工/大正初期 竣工/明治16年頃 竣工/寛正6年(1465/室町中期) 竣工/延宝8年(1680)
★国登録文化財 ★国登録文化財 ★県指定文化財 ★国指定重要文化財 
真壁の町割りは、戦国時代末期の真壁氏時代に形づくられ、江戸時代初期の浅野氏時代に完成したといわれる。その時代からほとんど変わらない町割りの中に、蔵や門などの歴史的建造物が息づいている。真壁は江戸時代から明治・大正にかけて、この地方の文化・産業の中心地として栄えた。 明治、大正、昭和と隆盛を誇った商家の人たちが次々と蔵や門などを建てた。市街地には、300余棟の見世蔵・土蔵・門などがある。毎年ひな祭りの時期には店々にお雛様が飾られ、賑わう。真壁地区が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

多賀谷朝経が施主となって大工・宗阿弥家吉親子によって建立された。ほぼ和様で細部に禅宗様が見られる。関東以北で室町時代に遡る塔は、他に益子町の西明寺三重塔だけである。本堂、仁王門、鐘楼も県指定。


寺伝によれば延暦15年、徳一によってに創建されたという。元和元年、徳川秀忠より朱印地60石を賜り、元和2年、恵賢の時に現在の地に移転した。寛永3年火災で焼失するが、笠間藩主浅野長重の援助により再建された。宝永2年には黄檗宗の了翁道覚により経蔵と鉄眼版一切経が寄進されている。書院は県指定

 

鹿島神宮奥宮本殿 鹿島神宮楼門 長勝寺仏殿(本堂) 長勝寺楼門
鹿嶋市宮中2306-1 鹿嶋市宮中2306-1 潮来市潮来428 潮来市潮来428 
竣工/慶長10年(1605) 竣工/寛永11年(1634) 竣工/室町時代・元禄7年修理 竣工/延宝8年(1680)
★国指定重要文化財 ★国指定重要文化財 ★県指定文化財 ★県指定文化財 
三間社流造。この建物は関ヶ原の戦勝後、徳川家康によって慶長10年、造営された神宮の旧本殿で、元和5年、徳川秀忠の社殿造替に際して現在地に移され、奧宮本殿としたもの。全体に木割りが太く、白木造り、意匠も簡潔だが、蟇股や柱状の木鼻の彫刻などには桃山時代の豪放な気風がうかがわれる。境内の社殿中もっとも古く、以前の社殿の形を伝える建造物として貴重。 境内の入り口近くに西面して立つ門で、寛永11年、水戸初代藩主徳川頼房の造営になる建物。棟梁は越前の大工坂上吉正。左右に接続する回廊も同時の作。三間一戸、2階建ての楼門で、1階の両脇間は金剛柵で囲い床を張って随神像を安置している。現在は銅板葺きですが以前はは檜皮葺きであった。木鼻や虹梁などの渦文の繊細さ、組物の比例がなど寛永時代の雰囲気である。 仏殿(本堂) 方三間、入母屋造茅葺(裳階付)の見事な仏堂建築。小屋組から上は鎌倉末期〜室町の様式を示し、下部は元禄時代に寄進を得て江戸で柱を購入した。裳階の部分は水戸藩の藩林の材を使用。内部天井は、周囲を化粧屋根裏とし、中央に板違格天井が張られている。内部は唐様の手法で作られ、中央後方来迎壁前に高い唐様須弥壇、背面に突出して脇仏壇がある。 水戸光圀が潮来の町並みを整備するにあたって、市内に流れる前川まで長勝寺参道を延ばし、近くに有った正厳寺を他地に移し、跡地に残された楼門を現在地に移したもの。修理のおり、枓栱に数多くの寄進の墨書が有った。三間一戸、八脚二重楼門。方丈、書院、玄関、隠寮、庫裏も県指定文化財で優れた建築群を有する大寺である。

 

観音寺薬師堂 観音寺山門 万福寺阿弥陀堂 万福寺仁王門
潮来市上戸 潮来市上戸 行方市羽生745 行方市羽生745
竣工/弘治3年(1557/室町後期) 竣工/寛政年間(1789-02) 竣工/竣工/貞享4(1687/江戸前期) 竣工/天正5(1578)
★国指定重要文化財 ★市指定文化財 ★県指定文化財 ★県指定文化財 
真言宗豊山派の寺で、瑠璃光山観音寺という。大同3年に徳一大師が開いたと伝わる古刹。薬師堂は方三間、寄棟造茅葺屋根。室内は無柱で屋根垂木は全て梁で支えられている。天井は格天井で狩野元信筆の龍が描かれている。

山門も茅葺で寛政年間の竣工。切妻屋根の四脚門で妻入りの珍しい山門。市指定文化財。




阿弥陀堂は、三間四方の寄せ棟造り、四手先萱葺きで念仏三昧を修める常行堂様式に造られている。内部の格天井鏡板には三頭の龍の図が色彩で描かれており、寄進銘に「貞亭四年芹沢氏高幹」とある。元禄11年水戸藩の宗教政策により、萬福寺は芹沢から羽生に移された。 仁王門は天正6年に逢善寺に建てられたが、享保9年、逢善寺で新たに仁王門を建立するにあたり、当時の万福寺住職が過去に逢善寺の留守住職をしていた縁故から譲り受けたもの。入母屋造、茅葺屋根、三間一戸の八脚単層門。

 

西蓮寺楼門 大場家住宅長屋門と通用門 大場家住宅御殿部 大場家住宅
行方市西蓮寺504 行方市玉造甲4533 行方市玉造甲4533 行方市玉造甲4533
竣工/天文12年(1543/室町末期) 竣工/寛永期(1624-44) 竣工/寛永期(1624-44) 竣工/寛永期(1624-44)
★国指定重要文化財 ★県指定文化財 ★県指定文化財 ★県指定文化財 
真言宗豊山派の寺で、瑠璃光山観音寺という。大同3年に徳一大師が開いたと伝わる古刹。薬師堂は方三間、寄棟造茅葺屋根。室内は無柱で屋根垂木は全て梁で支えられている。天井は格天井で狩野元信筆の龍が描かれている。
この住宅は、水戸藩主の領内巡視の際の宿舎兼水戸藩南部の藩政事務所として、建てられたものという。茅葺寄棟造で役宅部、居室部、御殿部の三棟からなる大型住宅。茅葺の長屋門と通用門が並ぶ姿が良い。
 

 

 

古建築図鑑 トップ

古建築研究会 トップ

列島古建築紀行