京都府

京都市(北部から中央部)

京都市南部と府下はこちらから

愛宕(おたぎ)念仏寺本堂 嵯峨鳥居本の町並み 嵯峨鳥居本の町並み 金戒光明寺三重塔(文殊塔)
右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5 右京区嵯峨鳥居本 右京区嵯峨鳥居本 左京区黒谷町121
竣工/文保2年(1318/鎌倉後期) 竣工/ 竣工/ 竣工/寛永10年(1633/江戸前期)
★国指定重要文化財 ★伝統的建造物群保存地区 ★伝統的建造物群保存地区 ★国指定重要文化財
天台宗の寺院、京都・東山の松原大和大路近くにあったが、大正11年に現在地に移った。度々移築されて補修を加えられているが、和様建築の代表的な遺構である。方五間、入母屋造、本瓦葺。寺は五百羅漢で良く知られる。 瓦屋根と茅葺きとが共存する、嵯峨鳥居本は室町末期に農業や林業、川漁業を営む人々の集落として開かれたという。清涼寺から愛宕神社へ至る道は愛宕街道と呼ばれ、江戸から明治、大正にかけて多くの参拝者が行き来した。 江戸中期に愛宕詣が盛んになると門前町として賑わい、茶屋なども並ぶようになった。八体の地蔵が並ぶ三叉路から愛宕神社一の鳥居にかけての約600mの範囲には江戸後期から明治時代にかけて建てられた家並みが続く。 金戒光明寺は法然上人が比叡山を下りて草案を開き、念仏の教えを始めたところである。二代将軍・徳川秀忠の供養のために建立され、近くの中山宝幢寺の本尊だった文殊菩薩が安置された。方三間、本瓦葺、総高22m。

 

賀茂御祖神社(摂社河合神社) 賀茂御祖神社舞殿 慈照寺東求堂 慈照寺銀閣
左京区下鴨泉川町59 左京区下鴨泉川町59 左京区銀閣寺町2 左京区銀閣寺町2
竣工/延宝7年(1679) 竣工/寛永5年(1628) 竣工/文明17年(1485/室町中期) 竣工/長享3年(1489/室町中期)
★国指定重要文化財 ★国宝 ★国宝
摂社河合神社は正式名称は鴨河合坐小社宅神社。かつては21年毎に式年遷宮が行われており、三間社流造で檜皮葺の社殿は延宝7年の式年遷宮の際の建築とされる。方丈記の著者の鴨長明は河合神社の神官家に生まれている。 寛永5年度(1628)造替後は、21年目ごとに解体修理が行われる。入母屋造、檜皮葺、桁行四間、梁間三間。殿上は宣命座の設置など柱間ごとに、細かく規定されている。本殿は東西2棟、文久3年の建立で国宝に指定さている。 足利義政の持仏堂と書斎を兼ねた建物で仏間の他に3室を持つ住宅風建築。現存最古の書院造。桁行6.9m、梁間6.6m、入母屋造、檜皮葺。南西部は仏壇のある板敷きの仏間、北東は同仁斎と呼ばれる四畳半間となっている。 室町幕府八代将軍・足利義政が鹿苑寺の舎利殿(金閣)を模して建てた観音殿(銀閣)。観音殿を含めた寺院全体は通称、銀閣寺として知られる。宝形造、二階建の楼閣建築で一層を心空殿、二層を潮音殿と呼ばれている。

 

無鄰菴 大報恩寺本堂(千本釈迦堂) 北野天満宮本殿・拝殿 北野天満宮中門
左京区南禅寺町草川町31 上京区溝前町1035-1 上京区御前通今出川入ル馬喰町 上京区御前通今出川入ル馬喰町
竣工/明治29年(1896) 竣工/安貞元年(1227/鎌倉中期) 竣工/慶長12年(1607/江戸初期) 竣工/慶長12年(1607/江戸初期)
★国宝 ★国宝 ★国指定重要文化財
無鄰菴=明治の元勲・山縣有朋邸は三つあり山口県下関の草庵(東行庵)、京都・木屋町の別邸、京都・南禅寺参道前の別邸である。三番目の南禅寺前の別邸は木造平屋建の母屋、藪内流燕庵を模した茶室、煉瓦造の洋館(明治31年/新家正孝設計)から成る。 市内最古の木造建造物。桁行き5間、梁間6間、正面一間向拝付。正面は5間とも蔀戸を構え、側面は手前一間を両開戸、次の間を蔀戸、後寄り4間を引き違い戸としている。内部は一般的な密教仏堂と異なり、本尊の周囲を行道できる常行系の平面である。 入母屋造の本殿と拝殿を石の間で繋いで一棟とする権現造。当神社の場合は拝殿左右に「楽の間」が接続しているため複雑な屋根構成である。屋根は全て檜皮葺。仙台の大崎八幡宮本殿と同じく慶長12年に竣工と共に、権現造としては現存最古のものである。 楼門と拝殿の間に建つ中門は三光門と呼ばれ、三光とは、日、月、星の意味で、梁の間に彫刻があることが名の由来であるが、星の彫刻だけが見られないともいわれている。「星欠けの三光門」として今でも当宮の七不思議に数えられている。軒唐破風四脚門。

 

  
二条城東大手門 旧二条駅舎・鉄道博物館 島津創業記念資料館 京菓子亀末廣
中京区二条通堀川西入二条城町541中京区西ノ京栂尾町 中京区木屋町通二条下ル西洲町 中京区姉小路通烏丸東入車屋町
竣工/寛文2年(1662) 竣工/明治37年(1904) 竣工/南棟=明治21年(1888) 竣工/
★国指定重要文化財 ★市指定文化財 ★国登録文化財
天皇が住む京都御所の守護と将軍上洛の宿泊所として築城した。三代・家光の時代に大規模な改修が加えられている。慶応3根に15代将軍・徳川慶喜が二の丸御殿(国宝)で「大政奉還」の意思を表明した。東大手門は二条城の正門で、形式は櫓門。 木造中央部分を二階建とし棟の両端に鴟尾を乗せる。両翼は入母屋造、正面中央の車寄せは切妻造である。全体的には和風だが待合所や柱飾りや上げ下げ窓に洋風の意匠が見られる。小屋組は洋風トラス。明治期の本格的な和風駅舎としては現存唯一。 創業初期に島津源蔵の住居・研究所として使われていた建物を保存公開。南棟=木造二階建、切妻造、桟瓦葺。北棟=木造二階建、片寄棟造、瓦葺。創業以来、製造販売してきた理化学器械、産業機器をはじめ、歴史的な文献・資料などを常設展示。 文化元年創業、京都の烏丸御池からも近い、歴史的景観を現在も色濃く残す姉小路(あねやこうじ)通りに店を構える和菓子店「亀末廣(かめすえひろ)」。老舗が立ち並ぶ通りの中でもひときわ目を引く、古風と趣きのある佇まいが趣を出している。

 

祇園の町並み 祇園の町並み 八坂神社西楼門 法観寺五重塔(八坂の塔) 
東山区祇園 東山区祇園 東山区祇園町北側  東山区八坂通下河原東入ル八坂上町388
竣工/ 竣工/ 竣工/明応6年(1497/室町後期) 竣工/元享3年(1323/室町前期)
★伝統的建造物群保存地区 ★伝統的建造物群保存地区 ★国指定重要文化財宝 ★国指定重要文化財
祇園町は、東は八坂神社、南は建仁寺、西は鴨川、北は新橋通の範囲の総称。鎌倉時代から八坂神社の門前町として開けたが、江戸時代からは芝居小屋が出来、茶屋町の色を濃くし大花街となった。 幕末の蛤御門の変に端を発した火災に見舞われ、現在の町並みは明治時代時以降に再建されたもの。伝建地区には江戸の名残の店舗が多く京都観光の大目玉の一つで常に内外の観光客が溢れている。 京都の社寺は応仁の乱によりことごとく焼失したが、この八坂神社も焼かれ、明応6年に再建された。桁行7.9m、高さ9.1m、切妻造、瓦葺、朱塗りの楼門。因みに八坂神社の正門は南楼門である。 塔は再建だが古代寺院の塔跡に建てられており、地下に置かれた心柱の礎石が残っている。寺は当時「八坂寺」といった。塔高46m、純和様、本瓦葺の建築で東寺、興福寺に次ぐ高さである。

 

高台寺傘亭(安閑窟) 高台寺時雨亭 石塀小路 するがや祇園下里
東山区下河原通八坂鳥居前下下河原町 東山区下河原通八坂鳥居前下下河原町 東山区下河原町 東山区祇園末吉町80
竣工/桃山〜江戸初期 竣工/桃山〜江戸初期 地区/産寧坂 竣工/明治28年(1895)
★国指定重要文化財 ★国指定重要文化財 ★伝統的建造物群保存地区 ★市指定文化財
傘亭は茅葺き、開いた傘のような屋根裏で有名。入口が西面中央と土間廊下の東南隅の二カ所あり西面側の構造がユニークである。内部は隅に上段の一畳を敷きその隣に一畳分の土間、土間周囲に6畳の座敷と台目2畳分の板間を張り出した構成である。 秀吉の妻ねね(北政所)は秀吉の死後出家し、余生をここで過ごした。傘亭から土間の渡り廊下でもう一つの茶室「時雨亭」に繋がる。時雨亭は入母屋造、茅葺の総二階建、間口2間半、奥行1間半。二階が主要部になっており、野趣に富む化粧屋根裏。 「ねねの道」と下河原町通の間の見落としてしまいそうな小路である。小路の両側には高級料亭や旅館、スナックなどが並んで、祇園の奥座敷などと呼ばれている。小路の外れに石垣と石塀の家並みがあるが、これが石塀小路の名の由来となっている。 練羊羹発祥の舗として知られる総本家駿河屋から暖簾分けして文政元年に創業した和菓子舗。雰囲気のある建物は元はお茶屋である。一階は一般の町屋と変わらないが二階は客室だったためたちが高い。「豆平糖」の屋根看板もこの頃のものである。

 

東福寺三門 東福寺禅堂 東福寺東司 東福寺東司
東山区本町15-783 東山区本町15-783 東山区本町15-783 東山区本町15-783
竣工/応永12年(1405/室町中期) 竣工/貞和3年(1347/室町前期) 竣工/室町中期 竣工/室町中期
★国指定重要文化財 ★伝統的建造物群保存地区 ★伝統的建造物群保存地区 ★国指定重要文化財
臨済宗東福寺派の大本山、九条道家が建立。禅宗様、和様、大仏様の折衷様式。禅宗寺院建築としては最古最大。五間三戸、二階楼門、入母屋造、本瓦葺 禅堂は座禅の道場、選仏場ともいう。参禅の場としては現存最古で一度に400名と以上の僧が修行したという。桁行7間、梁間4間、裳階付、切妻造、桟瓦葺。 禅堂内で修業する僧が使う厠(便所)である。禅宗院便所の古い形式を伝え「百雪隠」と言われる。桁行7間、梁間4間、切妻造、本瓦葺。現存最古最大。 「禅宗の文化と厠」大澤邦由、劉勤著の論文によれば、語源が不明なところが多いことが判る。「東司」と書かれるので東にない場合が多い。東福寺では西南に。

 

三十三間堂(蓮華王院本堂) 豊国神社唐門 建仁寺勅使門 知恩院三門
東山区三十三間堂廻り657 東山区茶屋町527-4 東山区小松町584 東山区林下町400
竣工/文永3年(1266/鎌倉後期) 竣工/桃山時代 竣工/鎌倉後期 竣工/元和7年(1621/江戸前期)
★国宝 ★国宝 ★国指定重要文化財 ★国宝
三十三間堂の名称は三十三間四面に由来し、33は観音に縁のある数字である。堂は方三十三間に一間の庇を廻らせている。柱間が33あるのは本堂の内陣(母屋・身舎)で、外部からは見る柱間は35ある。柱間寸法は一定でない。実長桁行118.2m、梁間16.4m、入母屋造。 元は伏見城にあったものという。左右6m、高10.5m。鶴の彫刻は左甚五郎作といわれている。西本願寺、大徳寺の唐門と共に「国宝の桃山三唐門」と呼ばれている。神社は明治時代に、かつて秀吉が創建して大仏殿を築いた方広寺の境内に豊国神社が開かれた。四脚門。 臨済宗建仁寺派の大本山である。六波羅にあった平教盛の館門の移築といわれる。切妻造、銅板葺の四脚門で、柱や扉に戦乱の矢の跡があることから「矢の根門」「矢立門」などと呼ばれる。豊臣秀吉の妻ねねの高台寺や、「八坂の塔」のある法観寺は建仁寺の末寺である。 知恩院は,京都東山の山麓にある浄土宗総本山。二代将軍・秀忠の命で建立された。幅50m、高さ24m、屋根瓦7万枚のわが国最大級の木造門。楼上は仏堂となっており中央に宝冠釈迦牟尼仏、脇壇に十六羅漢像が安置されている。建立には中井家支配の大工棟梁があたった。

 

2020.05.016

古建築図鑑 トップ

古建築研究会 トップ

列島古建築紀行